看護部案内

ホーム > 教育体制について

教育体制について

 新東京病院は、テーラーメイド型教育体制を基本とし、ひとりひとりの能力や関心分野に合わせた成長を通して、自律した看護師の育成をおこなっております。

多くの研修を企画する中で最も大切にしていることは、『受講者の意欲や意見に沿うこと』です。 「やらされている」「つまらない研修」では意味がありません。

例えば新人研修では、事前にアンケートを実施したり、直接新人さんから話を聞く事により、日常の看護で直面している疑問や、患者さんを受け持つにあたって知りたい事を調査し、研修内容へ反映・調整しています。
受講者のレベルや関心分野に沿った研修では、ベットサイドで患者さんへ提供する技術・知識を効率よく習得出来るため、看護の質向上につながり、患者さん中心の看護には欠かせないと考えております。

また、教育担当師長として『新入職者の味方であり続けること』も大切な仕事の一つだと考えております。
もし、配属部署で相談しにくいことがあれば、お気軽にご相談ください。これまでも、新卒に限らずキャリア採用者を含む多くの新入職者の様々な相談に乗り、サポートして参りました。

新入職者の方々とのかかわりを通して、私も日々成長させていただいております。 新東京病院の教育理念、「ともに学び、ともに教え、ともに育つ」を自ら実感する毎日です。

新東京病院で、私たちとともに成長しませんか?あなたのご入職をお待ちしています。

教育担当師長 田中 久美子

看護部教育理念


 ともに学び、ともに教え、ともに育つ

2014年度 看護部教育方針


 ・全ての看護職員が看護実践能力の維持・向上を図ることが出来る

 ・全ての看護職員がチームの一員であることを自覚し、チーム医療における役割を担うことが出来る


段階別目的と具体策

全看護職員
・循環器ケアと医療安全に関する知識・技術の獲得が出来る
・チーム医療における自らの役割を知り、実践出来る
・テーラーメイド型教育体制を基本とした研修の充実化
・院内他部署研修の充実化
新入職看護師
(新卒・キャリア採用)
・早期に職場に適応し、基本的看護実践が出来る
・教育担当師長との連携により、OJTでのサポート体制の充実化を図る
ミドル層
・興味・関心領域を見出す事ができ、看護実践につなげられる
・師長・先輩看護師がコーチの役割を担い、そのサポートを受けながら
個々に合ったキャリアデザインが出来る環境
管理者
・個々の管理能力の向上が出来る
・ベテラン講師による管理者研修の実施
看護助手
・安心・安全に留意した補助業務が実践出来る
・新入職者オリエンテーションの実施
・看護助手教育の推進



このページのトップへ

教育体制について

ご応募はコチラ

資料請求

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。